海外旅行に持っていこう!あると便利なもの3選

水に流せるウェットティッシュ

すぐに手を洗えない場所などで重宝するのがウェットティッシュです。海外では、日本のように当たり前におしぼりが出てくるお店の方が少ないです。特にアジア圏では衛生面も不安なので、持っておくと安心です。また、水に流せるタイプのものを選べば、トイレでも使えるので、より使用頻度は高くなるでしょう。液体である携帯用の除菌液と違って、飛行機内持ち込み制限も気にしなくで良いのでおすすめです。

綺麗な箸袋に入った割り箸

海外旅行の場合、カップ麺や即席味噌汁など、ちょっとした日本食を持参することも多いでしょう。その際にも必需品となる割り箸は持参しておきたいアイテムのひとつです。海外のローカルなお店では、使い捨てスプーンやフォークなどは付いていないことも珍しくないので、そういった場面でも活躍します。箸袋が綺麗な割り箸であれば、ちょっとしたお土産代わりにもなりますよ。

薄手で丈夫なストール

ストールは旅行の必需品の代表格ですよね。冷え対策として掛けて使うのはもちろん、紫外線対策にもなるので、旅行先の気候に関わらず持参したい一品です。一枚の布ですので、スーツケースの隙間を埋めたり、風呂敷代わりに物を包むのにも使えたりと、その用途は非常に多彩です。荷物を減らすために、あまり洋服の枚数を持っていきたくないという場合にも、ファッションのアクセントになるストールはおすすめです。物を包む場合を想定すると、あまり薄すぎるものでは不安なので、多少強度のある布で作られたストールを選ぶと良いでしょう。

ヤートラルートとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です