日本人なら一度は行ってみたい!?国内でおすすめの離島

鹿児島県の最南端に位置する与論島

島国と呼ばれる日本には無人から有人まで大小合わせて様々な離島が存在します。そんな数ある離島の中でも近年人気が急上昇中となっているの与論島です。鹿児島県の最南端に位置するこちらの島が人気となっている理由の一つが美しい海になります。南国ならではの青く透き通った海と幻とも呼ばれる美しい白さが特徴の百合ヶ浜は必見です。
島へのアクセスは、鹿児島本土を経由する場合は飛行機、沖縄県を経由するのであれば飛行機かフェリーの2つの選択肢が用意されています。

運がよければ天然記念物も見れる西表島

離島に旅行を検討する上で外すことができない場所として挙げられるのが西表島です。沖縄県に数多くある離島の中で最も大きいと言われる西表島は、9割が亜熱帯の森林に覆われていることで知られています。こうした島の特徴から宿泊施設が無いように思われますが、海岸沿いに100近いホテルや旅館があるので心配はいりません。
運が避ければ島内の観光で天然記念物に指定されている動物を見ることもできます。

近場で離島を楽しみたい人におすすめの神津島

離島と言われた時に多くの人が南国をイメージしますが、日本には意外な場所にもおすすめの観光スポットがあります。中でも気軽にアクセスできることで人気があるのが神津島です。神津島は伊豆諸島にある島の一つで、静岡県の伊豆の地域にありながら東京が管轄している珍しい島として知られています。
こちらの島は名前の通りかつて神々が集まっていた場所と言われていて、その神秘的な美しさと雄大な自然を満喫するために足を運ぶ人も少なくありません。セスナを利用することで東京から1時間以内で行くことができる利便性の高さも魅力になります。

ヤートラルートとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です